競売が決定する前に任意売却をオススメします

競売が決定する前に任意売却をオススメします

この長引く不景気で住宅ローンを組んだ当時よりも収入が減り、住宅ローンを払えなくなってきている人も多いとニュースで見たことがあります。住宅ローンを滞納すると督促状が届き、それでも滞納し続けると自宅は競売に掛けられてしまうことになります。しかし競売に掛けられる前に任意売却をすることで次の生活に前向きになれることがあります。競売と違い任意売却はその家に住み続ける事が出来る可能性もあります。また売却価格も競売は相場よりもだいぶ下がった金額になる事が多いのですが任意売却だと相場に近い金額での売却が可能だという事です。任意売却を行うにはタイミングがあります。住宅ローンの督促状が届いてから競売が決定する前に任意売却に実績のある会社にお願いすると良いと思います。

 

任意売却することのメリット

マイホームを購入する場合、通常は住宅ローンを組み、長期間に渡って金融機関に借入金を返済していく形を取ります。しかしながら、マイホーム購入後にリストラや病気など様々な事情によって、住宅ローンが払えなくなることがあります。
また、金融機関は融資の担保として不動産に抵当権を設定し、住宅ローンの返済が出来なくなった場合のリスク回避を図っています。
そこで、住宅ローンなどの債務を返済できない場合に、債務を残したまま抵当権を解除してもらって住宅を売却するのが、任意売却です。当然、任意売却には債権者である金融機関の合意が前提になります。
任意売却をする背景には、債務者、債権者の双方にとって、短期間の内に少しでも高く売ることのメリットがあるからです。債務者は残債務が大幅に減り、債権者は回収率が高まるとともに、競売になった場合の費用負担も必要なくなります。
任意売却せずに破産による競売になると、裁判所がすべて行うので煩わしさは無くなりますが、破産の事実が周りに知れ渡りますし、強制的に退去させられることになります。
任意売却であれば、残債の支払方法や、引越費用、引越時期などに関して、債権者との話し合いが可能になっています。

Blog

Calendar