『任意売却とは何なのか』

『任意売却とは何なのか』

住宅ローン融資を活用して不動産購入・事業融資を受ける為に担保に入れ、金融機関等から借入を行ったものの、ローン返済が困難になってしまい、融資を受けている金融機関からの合意に基づいて不動産売却する手続きの事を任意売却と言います。
つまり借金して家を購入したけど、諸事情で住宅ローンが払えなくなったので、お金を貸してくれた金融機関に許可を貰って家を売却する手続きの事を任意売却とか任意売買と言い方をします。
任意売却に至るまでには、様々な事情を抱えていると思います、家を失いたくないもののお金が無いという葛藤の元で任意売却に至る事が殆どですが、支払が出来ない以上は前向きに次の生活を意識し、今持っている家を少しでも良い条件で売る事を考えて任意売却をして、次の生活への資金にするのが良いでしょう。

任意売却と競売で売却額が違う理由

任意売却と競売を比較した時に、もっとも大きな違いは、売却価格の違いでしょう。
一般に、競売の場合、任意売却の6割から7割程度の価格で落札されてしまいます。しかし、なぜ、同じ住宅を売却するのに、競売と任意売却でこんなに差がつくのでしょうか。その理由としては、競売の場合、住宅の中を買い手が確認できないことが挙げられます。
中が見れないと、汚れ具合や、間取りをチェックできませんから、皆、不安に思って、高値がつかないのです。
一方、任意売却ならば、当人の協力の元、中が見れるので、より購入希望者が集まりやすくなり、高値がつきやすくなるのです。
購入希望者の内見に応じるのは手間かもしれませんが、その分、売却で得をしますから、任意売却の際は、内見への協力を惜しまないようにしましょう。


Blog

Calendar