任意売却でのデメリットとは

任意売却でのデメリットとは

よく任意売却のデメリットは、ブラックリストに載ることだと言われていますが、実はブラックリスト入りは任意売却が原因ではありません。
任意売却までに、ローンの返済を滞っていたことが、個人信用情報機関に事故情報と登録されるのであって、任意売却をしなくてもブラックリストには既に載っていると考えましょう。
任意売却でのデメリットとして考えられるのは、競売と違い手間が掛かることと時間の制限です。
手間が掛かるというのは、債権者(金融機関の保証会社)や買主との折衝や、物件の見学への対応です。それでも間に不動産会社が入ることで、これらの手間はかなり軽減されます。
時間の制限とは、競売が始まるまでに買い手を見つけないと競売で処分されてしまうということです。いつまでも待てないために値段を下げてしまうのでは、結局任意売却の意味がなくなってしまいます。

競売よりも任意売却のほうがいい

住宅ローンの支払いが厳しくなった場合に、任意売却は競売よりもメリットが多い方法だと思います。競売だと落札する人々が物件情報収集のため近隣に聞き込み等の調査が行われますが、任意売却であれば外部に事情を知られるリスクが少ないです。
ちなみに、差押えや競売開始決定通知が届いていても、早急に任意売却を進めることにより、開札までなら競売の取下げをおこなうことができます。また、任意売却をして身内の方や投資家に買い取ってもらい、賃料を支払う形をとれば、住宅にそのまま住み続けることが可能な場合もあります。さらに一定期間後に買い戻す事も可能です。競売にかけられてしまうと色々なものを失ってしまうリスクがありますが、任意売却であれば、そのようなリスクが少なくて済みます。

Blog

Calendar