不動産投資の体験談について

不動産投資の体験談について

僕の友人で、不動産投資を始めた人がいますので、その記事を書いてみます。
彼が不動産投資を始めたのは、同僚の友人の勧めということでした。どうやら電話で不動産投資会社から電話がかかってきたらしく、その不動産投資に乗ったとのことです。僕は怪しいからやめたほうが良いと友達に返信しましたが、友人はそのまま購入を進めたようです。
不動産投資は、うまくいったようで、初期費用もかかることなく、6年間で貯蓄が100万円以上できたそうです。短期のローンと長期のローンを組んだようで、短期のローンがなくなると収支が大幅に改善し、月に4万円の利益が出るという話です。ただし、その不動産投資は、不動産を買い、賃貸するというものなので、一回貸した方が外に出てしまうとリフォーム費用がかかり、赤字になることもあるようです。このような不動産投資いかがでしょうか?

 

不動産・マイホームを建てる決断

不動産・マイホームを建てる決断をしたあと、ではどうすればいいのか?という話です。
多くの方は資料請求や住宅展示場などに出かけたりと不動産の情報収集から始めるようですが、それは非常に効率が悪いことを覚えておいてください。つまり、目的を定めなければ時間のムダになってしまうわけです。時間のムダとはもともと買えない不動産価格だったり、地域だったり、売約済み物件を見に行ったりなどの事を言います。家を建てよう、じゃあ次は予算を立てようという流れが不動産取引においては正解です。物件探しのための軸を作るわけですね。
予算とは貯金などの自己資金と、無理なく支払えるだけの住宅ローンの借り入れ額を把握することが必要になります。

Blog

Calendar