各種の不動産投資の評価法について

各種の不動産投資の評価法について

不動産投資において、現在は国際的に、環境に配慮した評価の方法がいくつか使われています。
「持続的な発展」Sustainable Development の観点から考えられたものであり、省エネルギーや廃棄物、大気汚染などの問題に対応しているかを不動産ごとに評価することになります。
CASBEE(キャスビー)は日本において不動産の評価に最も広く用いられている環境評価です。ヒートアイランドやまちづくり自治体版など個別の状況に応じたツールが使われています。
BREEAM(ブリーム)はイギリスの研究所が開発した不動産の評価方法で、主にヨーロッパで建物の評価に用いられることが多くなっています。
LEED(リード)はアメリカのグリーンビルディング協会が運用する不動産の環境配慮基準の認証制度であり、新築、既存の建物、内装用など物件の種類によって評価の配分が異なります。

 

不動産売却前には相談をしましょう

不動産について必要なくなった場合は持っているだけだと税金のみかかります。何も有効活用しないのは大きなマイナスですので気をつけて対応するとよいでしょう。
そこで重要になるのが、不動産売却前の相談です。相談については、あまり簡単に考えない方がよろしいです。不動産売却には専門的な知識もかなり必要です。あまり簡単に考えないで対応するべきです。
また、不動産事についていくつか相談したい事もあるでしょう。不動産業者にはいろいろなノウハウがつまっています。どのようにしたら不動産が売却するのかなどのアドバイスをもらうものよいでしょう。
また売却の諸費用についてもしっかりと考えて対応すべきです。前もって専門家に聞いておくことで上手く対応できる可能性も高まります。

Blog

Calendar