中古の不動産を見学する時には

中古の不動産を見学する時には

中古の不動産物件を購入する時には、実際にその不動産の内部を見ることは非常に重要になります。
いくら外観が良くても、実際に内部を見ないことには、不動産ごとの設備の面や間取りなどを知ることはできませんね。ただ、今現在人が住んでいる不動産物件ですと、あまりに細かい点までチェックして大丈夫かという不安も感じてしまいます。
この点については、売主さんも細かな点までチェックすることに同意していますので、常識の範囲内であれば遠慮なくチェックしてもOKです。また、実際に住んでいる方の感想などを聞くことにより、その不動産物件の住みやすさや周辺の環境について細かな情報を得られるというメリットもあります。これから不動産を購入される方は、積極的に売主とコミュニケーションを取ってみるとよいでしょう。

 

不動産贈与に関しての注意点について

売買の他に、不動産の所有権が移動する場合としては、不動産の贈与があります。これについては民法の規定によって、書面によらない不動産の贈与は撤回できることになっています。そのため、贈与を行う場合には書面にしておくといいでしょう。ただし、書面によらない贈与であっても、所有権移転の登記や不動産の引き渡しなど、履行がなされた後は撤回できません。
登記を申請する前には、贈与される不動産に関して登記記録がどのようになっているのかを確認する必要があります。登記記録の内容と矛盾する登記の申請をしても却下される可能性があるからです。
また、不動産の贈与に関しては、贈与税がつきまとうことになります。その不動産の価格が分かっていれば贈与税の計算はそう難しくありませんが、不動産の価値を評価することについては、税理士などの専門家の手を借りるといいでしょう。

Blog

Calendar