不動産査定を依頼しても売る必要はありません

不動産査定を依頼しても売る必要はありません

不動産を売却しようと思いまして、御者に査定をしていただくという事はあると思います。自分の不動産である土地や建物はどれくらいの価格になるのかという事は、売却決定前にしっかりと知らなければいけない情報となります。
そこで業者の方に実際に不動産査定をしていただくわけですが、その査定額に納得がいかないという事も十分に考えられます。自分が予定していた価格が2,000万円でもあるにもかかわらず、不動産査定額が500万円という事もあるかもしれません。そういった時には、すぐに売ってしまわずに他の業者の査定も受けてみるべきです。不動産査定していただいたとしても、絶対に売却しなければいけないという事もありませんので安心してください。

 

不動産投資で利益を得る方法

不動産投資で利益を得る方法は大きく2つあります。
1つは売却益を得て利益を上げる方法です。これは不動産を購入したあと、その不動産の価値が上昇したときに売却したときに出る利益を目的とした投資です。この利益は「キャピタルゲイン」と言われています。また二つ目の方法は家賃収入を得て利益を増やす方法です。これはアパートやマンションなど購入した不動産を個人や企業に、貸すことで家賃をもらい収入を得て利益を増やしていく方法です。例えば4000万円のマンションを買って、月々の家賃15万で貸せば、年間180万円の収入になります。このような家賃収入は「インカムゲイン」と呼ばれています。
今はキャピタルゲインよりもインカムゲイン目的で不動産投資が行われている傾向にあります。

Blog

Calendar